虎伏城(和歌山城) 御城印 黒Ver 販売終了 イベント限定

ログインすると所有した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、8人の団員がこの御城印を所有しています。

御城印の情報

お城EXPO2021の会場で「紀州真田砦」ブースで販売された限定御城印。藤堂高虎の築城した高虎六城(虎伏・猿岡・赤木・出石・宇和島・大和郡山城)の御城印と藤堂高虎の武将印の7枚セット販売された。

家紋について

藤堂氏の家紋「蔦」がデザインされている。

名称 虎伏城(和歌山城) 御城印
バージョン名 黒Ver
シリーズ名 虎の城
価格 2000円(税込)セット販売のみ
販売期間 2021年12月18日(2021年12月19日まで)
販売元 紀州戦国屋
製作
スタイル 印刷
サイズ A6
日付け記入 印刷済み(令和三年十二月)

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


和歌山県の御城印

和歌山城の御城印

購入可能場所

この御城印はイベント限定での販売です
この御城印はすでに販売終了となっています
以前は、パシフィコ横浜ノースで販売されていました。

和歌山城のほかの御城印

和歌山城 御城印 紀州徳川家五十五万五千石 金箔押し

和歌山城の文字が金箔押しになっている。

和歌山城 御城印 ミュージアム干支コレクションアワード2022虎グランプリ受賞記念版

「ミュージアム干支コレクションアワード2022虎グランプリ」受賞を記念して、2022枚限定で制作された御城印。和歌山城公園内にある伏虎象の写真が印刷されている。わかやま歴史館の歴史展示室に入館すると先……

2F 歴史展示室の入館者に先着で無料配布(入館料高校生以上100円必要)

虎伏城(和歌山城) 御城印 虎の城セット春の陣

春の限定御城印で桜と築城名人・藤堂高虎の石垣と花押がデザインされている。オンライン販売の場合は虎の城セット春の陣として虎伏城・赤木城・猿岡城の三枚セットに紀伊岩倉城が付いてきて1000円で販売された。……

虎伏城(和歌山城) 御城印 令和4年新春 五黄の寅年版

記載は「虎伏城」。金銀砂子の用紙に「五黄の寅年」の文字、日付の所には「登城記念 令和4年新春」の文字、その下に虎のシルエットに「壬寅」の文字があしらわれている。

和歌山城 御城印 水仙版

販売終了

毎年1月に限定販売される、水仙を描いた御城印。

和歌山城 御城印 赤備え版

配布終了

お城EXPO 2021の「紀州真田砦」ブースで1000円以上購入特典として先着100名にプレゼントされた。

和歌山城 御城印 紀の国わかやま文化祭2021特別連携事業限定版

配布終了

通常版の御城印に天守図と和歌山県のキャラクター「きいちゃん」があしらわれている。

データのみの配布(PDFまたはJPEG画像)

和歌山城 御城印 竹燈夜版

販売終了

毎年10月に限定販売される、竹燈夜が描かれた御城印。

和歌山城 御城印 紀州手毬版

販売終了

毎年9月に限定販売される、紀州手毬が描かれた御城印。

和歌山城 御城印 早咲きさくら版

販売終了

和歌山城 御城印 梅にメジロ版

販売終了

和歌山城 御城印 椿版

販売終了

和歌山城 御城印 紅葉版

2021年11月にも再販された。

和歌山城 御城印 国史跡版

2種類セットで500円

和歌山城 御城印 紀州徳川家版

2種類セットで500円

和歌山城 御城印 盆踊り版

販売終了

和歌山城 御城印 七夕版

販売終了

中央の朱印「南海之鎮」が青色になっている。

和歌山城 御城印 さくら版

虎伏城(和歌山城) 御城印

記載は別名の「虎伏城」で、藤堂高虎のの花押や、個性的な兜として知られる「黒漆塗唐冠形兜」のイラストも彩られている。

和歌山城 御城印

改元記念で2019年5月に限定配布。2020年4月1日より通常販売。

虎伏城(和歌山城) 御城印 令和3年秋バージョン

記載は「虎伏城」。ベージュの背景に石垣、家紋、紅葉が茶色系で配されている。

虎伏城(和歌山城) 御城印 桜バージョン

記載は「虎伏城」

和歌山城 御城印 鯉のぼり版

和歌山城 御城印 あじさい版

虎伏城(和歌山城) 御城印 令和三年春バージョン

記載は「虎伏城」

虎伏城(和歌山城) 御城印 2020年秋バージョン

ネット通販(紀州戦国屋)で購入可能。虎伏城(和歌山城)・猿岡城・赤木城のセットで1000円。

墨城印 和歌山城

墨城印セット 第5弾

和歌山城 御城印 虎の城版

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

アイヌ民族の歴史

アイヌ民族についてこれまで「シャクシャインの戦い」「地図で見るアイヌの歴史」を読んできましたが、もっと知りたいと思いこの著書を手に取りました。この著書にはアイヌと認識される前の北海道に付いても記載があり、北海道式古墳というものがあることを北海道に22年間住んでいたにもかかわらず初めて知りました。現在の歴史の教科書にも記載のあるシャクシャインの戦いに対して弘前藩も出兵をしており、アイヌ勢と直接戦うことはなかったが、その当時弘前藩内には津軽アイヌの方々が生活しており、彼らは出兵の手助けをしたり、更に兵として参加していたという記録があるそうです。明治以降は日本とロシアとの政治的駆け引きに翻弄されるアイヌ民族を目の当たりにすると共に、この日本も決して単一民族国家では無いことを再認識させられる一冊でした。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る