八幡山城 記念御朱印

ログインすると所有した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、93人の団員がこの御城印を所有しています。

御城印の情報

名称 八幡山城 記念御朱印
価格 300円(税込)
販売開始日 2018年7月
販売元 瑞龍寺
製作
スタイル 印刷
サイズ
日付け記入

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


滋賀県の御城印

八幡山城の御城印

購入可能場所

瑞龍寺

滋賀県近江八幡市宮内町19-9

八幡山城のほかの御城印

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 豊臣秀次(金バージョン)

正月限定版。菊花紋が金色で押されている。

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 天守(金バージョン)

正月限定版。菊花紋が金色で押されている。

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定(金バージョン)

正月限定版。菊花紋が金色で押されている。

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 寅(金バージョン)

正月限定版。菊花紋が金色で押されている。

八幡山城 記念御朱印 令和2年秋限定 もみじ

販売終了

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 寅

通常の干支版。菊花紋が菊花紋が朱色で押されている。

八幡山城 記念御朱印 令和4年度限定パンジー

八幡山城 記念御朱印 令和2年限定 天守(金バージョン)

八幡山城 記念御朱印 令和2年限定 豊臣秀次(金バージョン)

八幡山城 記念御朱印 令和3年限定 秋桜

薄い和紙に菊の御門(朱肉、押捺)と豊臣秀次の家紋(黒色、印刷)がデザインされた御城印。

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 豊臣秀次

八幡山城 記念御朱印 蓮 開花記念

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 椿

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 水仙

八幡山城 記念御朱印 令和3年限定 桔梗

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 天守

八幡山城 記念御朱印 令和4年花シリーズ 桜

八幡山城 記念御朱印 天皇誕生日版

八幡山城 記念御朱印 手書き版(金印)

八幡山城 記念御朱印 令和3年秋限定 もみじ

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 石楠花

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 紫陽花

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 向日葵

八幡山城 記念御朱印 令和4年限定 蓮

八幡山城 記念御朱印 すいれん

令和2年に開催されたイベント「夏の竹燈篭&和傘のイルミネーション特別企画」で販売された特別版御城印。菊の紋が金印。

八幡山城 記念御朱印 はす

令和2年に開催されたイベント「夏の竹燈篭&和傘のイルミネーション特別企画」で販売された特別版御城印。菊の紋が金印。

八幡山城 記念御朱印 令和2年限定 天守

八幡山城 記念御朱印 令和2年限定 豊臣秀次

八幡山城 御城朱印シール

御朱印調シールとして販売され、ステッカータイプとなっている。第2集は、大津城・膳所城・水口城・大溝城・観音寺城・八幡山城・鎌刃城・玄蕃尾城の8種。

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント


08/04 23:12
城くまさん

村雲御所瑞龍寺門跡山門の前で。瑞龍寺本堂内で、このバージョンを含めて6種類販売されていましたが、係の方に親切にしていただき、暑い日でしたが冷たいお茶を頂きました。

コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

図説 近世城郭の作事 天守編

江戸城天守を再建する会の特別顧問をされている三浦正幸先生が書かれた著書で三浦先生のお話は講演会等でよくお聞きしているので、お城の構造について勉強したく手に取りました。前半は天守の外壁、窓、狭間、石落、そして基本的構造について詳細に解説されており、外壁の仕上げ、屋根、破風の形に格式の上下があることを知り、今後天守の見方が変わるように思えました。後半は現存12天守、失われた天守の詳細説明がされています。熊本城の宇土櫓が第一期普請で建てられた初代天守であることを初めて知りました。この一冊で天守の構造に付いてほぼ網羅していると思いますので、天守の構造について詳しく知りたい人にはお勧めです。なお、続編として「櫓・城門編」もあるようですのでそちらも読んでみようかと思います。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る