小田原城天守

小田原城天守の情報

御城印は1階入場券販売所で販売。

名称 小田原城天守
住所 神奈川県小田原市城内6
営業時間
定休日
公式サイト
営業時間や定休日などは変更になっている可能性があります。

データの間違いや補足を報告する

御城印

小田原城 御城印 令和6年 あじさい花菖蒲バージョン

小田原城 御城印 藤バージョン2024

小田原城 御城印 桜バージョン

小田原城 御城印 梅バージョン

小田原城 御城印 令和5年 小田原ちょうちん

小田原城 御城印

ミュージアムショップで販売

小田原城 登閣朱印 江戸時代版

小田原城 登閣朱印 戦国時代版

情報がまちがっている場合はご連絡いただけると助かります

フィードバック

小田原城 御城印 令和6年 あじさい花菖蒲バージョン

小田原城 御城印 藤バージョン2024

小田原城 御城印 桜バージョン

小田原城 御城印 梅バージョン

小田原城 御城印 小田原北条氏誕生五百年記念 姉妹都市版

小田原城 御城印 令和5年 小田原ちょうちん

小田原城 御城印 令和5年 夏バージョン

小田原城 御城印 令和5年 あじさいバージョン

小田原城 御城印 令和5年 藤バージョン

小田原城 御城印 銀箔押し版

小田原城 御城印 金箔押し版

小田原城 御城印 令和5年 桜バージョン

小田原城 御城印 特別展「小田原ゆかりの刀剣」バージョン

小田原城 御城印 松竹梅バージョン

小田原城 登閣朱印 令和4年 ちょうちんバージョン

小田原城 御城印 令和4年 蓮と風鈴バージョン

小田原城 登閣朱印 令和4年 紫陽花バージョン

小田原城 御城印 令和4年 桜バージョン

小田原城 登閣朱印 北条氏康没後四百五十年版

小田原城 御城印 ドラゴンクエストウォークコラボ御城印 第2弾

小田原城 登閣朱印 小田原ちょうちん光アートフェア版

小田原城 御城印

ミュージアムショップで販売

小田原城 登閣朱印 天守閣復興60周年記念版

小田原城 登閣朱印 北条早雲公顕彰五百年版(枚数限定)

小田原城 登閣朱印 江戸時代版

小田原城 登閣朱印 江戸時代版(初期)

小田原城 登閣朱印 北条早雲公顕彰五百年版

小田原城 登閣朱印 戦国時代版

コラボチラシ

近くにあるお城

小田原城 小田原城    別名 小峯城、小峰城、小早川城、小早川館

[神奈川県][相模] 神奈川県小田原市城内6-1

平均評価:★★★★☆ 3.83(21位) 見学時間:1時間32分(18位) 攻城人数:4846人(8位)
石垣山城 石垣山城    別名 石垣山一夜城、太閤一夜城、御座所の城、関白様御城

[神奈川県][相模] 神奈川県小田原市早川1383-12

平均評価:★★★★☆ 3.78(29位) 見学時間:1時間(73位) 攻城人数:2059人(71位)
山中城 山中城 

[静岡県][伊豆] 静岡県三島市山中新田字下ノ沢

平均評価:★★★★☆ 3.99(13位) 見学時間:1時間22分(28位) 攻城人数:2616人(44位)
興国寺城 興国寺城    別名 根古屋城、杜若城、久窪城、深田山城、高国寺城

[静岡県][駿河] 静岡県沼津市

平均評価:★★★☆☆ 3.21(--位) 見学時間:41分(--位) 攻城人数:1319人(134位)
八王子城 八王子城 

[東京都][武蔵] 東京都八王子市元八王子町3

平均評価:★★★★☆ 3.65(43位) 見学時間:2時間(2位) 攻城人数:2226人(62位)

周辺スポット

小田原城 本丸売店(本丸お休み処売店) 小田原城 本丸売店(本丸お休み処売店)
和桜 和桜
小田原市観光交流センター 小田原市観光交流センター
小田原三の丸ホール 小田原三の丸ホール
最中工房 小田原種秀 本店 最中工房 小田原種秀 本店

現在休店中

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

スポットについての補足情報があれば自由にコメントしてください。
誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

「東国の城」の進化と歴史

これまでは枡形や横矢掛り、馬出といったパーツの機能は知っていても、縄張全体の意図を理解できていなかったのだと、この本を読んでよくわかった。
その城だけを取り出してもあまり意味はなく、特定の立地条件の中に置いたときに初めてその機能がわかる。近世の名古屋城のような城でも、立地とのかかわりが濃いことはブラタモリなどでも紹介されているが、戦国時代の城では築城者の戦略との密接な連関が必ずあり、それを読み取ることは私たちの理解を深め、攻城の楽しみを増してくれる。
関東の土の城に興味をお持ちの方には一読を薦めたい。

CLADさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る