吉田城 御城印 牧野氏

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、53人の団員がこの御城印を所有しています。

御城印の情報

文字は豊橋のデザイン書道家・鈴木愛さんが揮毫。3000枚限定。

家紋について

吉田城の前身である今橋城を築いた牧野氏の家紋「丸に三つ柏」がデザインされている。

名称 吉田城 御城印
バージョン名 牧野氏
価格 300円(税込)
販売開始日 2022年1月12日
販売元
製作
スタイル 印刷
サイズ
日付け記入 空欄のまま販売

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


愛知県の御城印

吉田城の御城印

購入可能場所

橋市美術博物館が閉館中、平日は市役所東館じょうほうひろば、土日祝日は豊橋公園内の三の丸会館で販売

豊橋市 三の丸会館

愛知県豊橋市今橋町 三の丸会館
営業時間:8:30~17:00
定休日:第3月曜日(国民の祝日または振替休日に当たるときはその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)

吉田城からの距離約0.14km

豊橋市美術博物館

愛知県豊橋市今橋町3-1

吉田城からの距離約0.17km

豊橋市役所

愛知県豊橋市今橋町1

御城印は東館1階「じょうほうひろば」で販売。

吉田城からの距離約0.19km

吉田城のほかの御城印

吉田城 御城印 牧野氏(若草色)

販売終了

文字は豊橋のデザイン書道家・鈴木愛さんが揮毫。2022年3月26日、27日、4月2日、3日の4日間のみ各日100枚、合計400枚限定。すべてナンバリング入り。

今橋城(吉田城) 御城印 愛知県史跡整備市町村協議会30周年記念イベント版

配布終了

愛知県史跡整備市町村協議会30周年記念イベント「あいちの史跡をめぐって御城印・御史跡印を集めよう!」で配布された御城印。

吉田城 御城印 大河内松平家(桜色版)

桜をイメージした特別版で抽選販売(500枚)。文字は豊橋のデザイン書道家・鈴木愛さんが揮毫。

吉田城 御城印 大河内松平家

文字は豊橋のデザイン書道家・鈴木愛さんが揮毫。枚数限定で販売。

吉田城 御城印 酒井忠次(限定版)

販売終了

「吉田城」の文字が金文字になっている。文字は豊橋のデザイン書道家・鈴木愛さんが揮毫。2020年12月の日曜日のみ、各回200枚限定で販売された。

吉田城 御城印 池田輝政(限定版)

販売終了

「吉田城」の文字が金文字になっている。文字は豊橋のデザイン書道家・鈴木愛さんが揮毫。500枚限定で販売された。

吉田城 御城印 酒井忠次(通常版)

文字は豊橋のデザイン書道家・鈴木愛さんが揮毫。

吉田城 御城印 池田輝政(通常版)

文字は豊橋のデザイン書道家・鈴木愛さんが揮毫。

吉田城 御城印 第38回全国城下町シンポジウム豊橋大会イベント達成特典版

配布終了

吉田城の見所を巡って自分だけの御城印を作るスタンプラリーイベントでスタンプを3個集めると特典としてもらえた。

吉田城 御城印 第38回全国城下町シンポジウム豊橋大会イベント限定版

配布終了

吉田城の見所を巡って自分だけの御城印を作るスタンプラリーイベントで配布された。城内各所に設置されたスタンプを自由に押して作る形式で、「重ね扇」「片喰」「三階菱」はあらかじめ印刷済み。

吉田城 御城印

販売終了

豊橋鉄道、豊橋市および田原市と共同で公共交通利用促進企画として、「御乗印&御城印引換券付き 渥美線・市内線共通1日乗車券」を限定500組で発売した際の特典で用意された御城印。文字は豊橋のデザイン書道家……

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント


01/17 09:50
DOMさん

石垣の倒壊で一部通行止めになってますね。
石垣の上に樹木を植えているのは多くのお城でしていることなので、早急に対策が必要ですね。
桜とかで有名なお城は伐採しづらいだろうけど史跡保護第一にして欲しいものです。
吉田城御城印も家紋4種目の牧野家の「丸に三つ柏」なんですが、これは前身の今橋城の牧野家というよりも宝永にも藩主になってるからそちらとしてのじゃないでしょうか?
まぁ、同じ血筋の分家ではあるんですけど。

コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)

瀬戸内海を席巻した村上海賊、その当主である村上武吉の娘「景(きょう)」を主人公とした小説です。織田軍との激戦である第一次木津川口の戦いが描かれます。
個性あふれる登場人物が魅力的で物語に没頭できました。合戦シーンの描写はドキドキハラハラの連続で大興奮して読めます、焙烙玉コワイ…。
能島城へ訪問する前に読んでおくと村上海賊を身近に感じることができ、攻城もよりいっそう楽しめると思います。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る