古河城 御城印 お城EXPO 2020バージョン(南総里見八犬伝芳流閣) 販売終了 イベント限定

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、16人の団員がこの御城印を所有しています。

最終入手日:2024年03月10日(参考情報)

御城印の情報

「お城EXPO 2020」の茨城古河城バルーンプロジェクトのブースで販売された。

名称 古河城 御城印
バージョン名 お城EXPO 2020バージョン(南総里見八犬伝芳流閣)
シリーズ名 古河城 御城印 お城EXPO 2020セット
価格 1000円(税込)セット販売のみ
販売期間 2020年12月19日(2020年12月20日まで)
販売元 茨城古河城バルーンプロジェクト
製作
スタイル 印刷
サイズ
日付け記入 空欄のまま販売

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


茨城県の御城印

古河城の御城印

購入可能場所

この御城印はイベント限定での販売です
この御城印はすでに販売終了となっています

古河城のほかの御城印

古河御所跡 御城印

裏側の絵図面には滝川馬琴著「南総里見八犬伝」の滸我御所「芳流閣」を描いた歌川国芳「八犬傳之内芳流閣」を掲載。お城EXPO 2022の古河城ブースでも販売。

古河城 御城印 お城EXPO2022限定 古河城主印四家全揃い記念版

販売終了

古河城 御城印 二大老七老中

販売終了

古河城三階櫓の絵図を背景に古河城主を務めた2人の大老、七人の老中始め歴代城主の家紋が描かれている。お城EXPO 2021で販売された。

古河城 御城印 古河城バルーン 御城印

販売終了

古河城バルーンが描かれている。お城EXPO 2021で販売された。

古河城 御城印 古河御陣 御城印

販売終了

南北朝時代の古河城の別称の御城印。お城EXPO 2021で販売された。

古河城 御城印 御城プロジェクト:RE ~CASTLE DEFENSE~ コラボ御城印

古河城とタワーディフェンスゲーム「御城プロジェクト:RE ~CASTLE DEFENSE~」のコラボ御城印。お城EXPO 2021の会場内で販売。2022年1月6日から坂長でも販売開始。

古河城 御城印 雪華ver 第弐版

「お城EXPO 2020」の茨城古河城バルーンプロジェクトのブースで販売されたデザインをもとにリニューアルされた。

古河城 御城印 芳流閣ver 第弐版

「お城EXPO 2020」の茨城古河城バルーンプロジェクトのブースで販売されたデザインをもとにリニューアルされた。歌川芳虎の錦絵、芳流閣の場(1874年)を使用している。

古河城 御城印 お城EXPO 2020バージョン(古河姫)

販売終了

「お城EXPO 2020」の茨城古河城バルーンプロジェクトのブースで販売された。

古河城 御城印 お城EXPO 2020バージョン(雪華)

販売終了

「お城EXPO 2020」の茨城古河城バルーンプロジェクトのブースで販売された。

古河城 御城印

市民団体「茨城古河城バルーンプロジェクト」が発行する御城印。

古河城 御城印 第弐版

左下に「第弐版」の記載

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る