松江城 御城印 路上詩人版(大切にした分だけ伸びるから)

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、2人の団員がこの御城印を所有しています。

御城印の情報

地元の路上詩人によるメッセージ入り御城印。

名称 松江城 御城印
バージョン名 路上詩人版(大切にした分だけ伸びるから)
価格 500円(税込)
販売開始日
販売元 松江観光協会
製作
スタイル 印刷
サイズ A6
日付け記入 売り場でスタンプ

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


島根県の御城印

松江城の御城印

購入可能場所

ぶらっと松江観光案内所

島根県松江市殿町428

松江城からの距離約0.15km

松江城のほかの御城印

松江城 御城印 雲伯三城手書き 大阪・お城フェス2022版

販売終了

大阪・お城フェス2022、うんぱく三城ブースにて、当日午前・午後50枚ずつ限定で販売された。御城印書家こーた氏が目の前で揮毫する特別御城印。

松江城 御城印 天守国宝指定7周年記念版

販売終了

松江城天守国宝指定7周年記念御城印。御城印書家こーた氏揮毫。大阪お城フェス2022、うんぱく三城ブースでも各日枚数限定で販売された。

松江城 御城印 しまねっこ 武者の日限定版

販売終了

松江城で開催されたイベント「武者の日」当日に64枚限定で販売された御城印。ピンクの和紙に一枚ずつ、御城印書家こーた氏が揮毫した。

千鳥城(松江城) 御城印 天守国宝指定記念 先行販売版

販売終了

御城印書家こーた氏揮毫。2種類(松江城と千鳥城)、各60枚が販売された。

松江城 御城印 お城EXPO2021版

販売終了

2021年12月18日・19日に開催された「お城EXPO 2021」の会場内で100枚限定販売。その後、2022年4月29日から5月5日に60枚限定で販売された。

国宝松江城しまねっこ御城印 お城EXPO2021限定版

販売終了

お城EXPO 2021の「国宝松江城」のブースで限定200枚で販売された。時間指定の販売で、しまねっこから購入者に手渡し(アクション)された。肉球のスタンプが捺されている。

国宝松江城しまねっこ御城印

「国宝松江城 しまねっこ」の文字は地元の書道家こーたさんが揮毫。

国宝五城特製御城印

配布終了

2019年12月4日~2020年8月31日にGPSアプリ「ニッポン城めぐり」内で開催された〈『国宝五城 城郭都市めぐり』第二幕〉にて、松本・犬山・彦根・姫路・松江の5エリア各5箇所、合計25スポットを……

松江城 御城印 平成版

配布終了

松江城 御城印 堀尾茂助

松江城 御城印 路上詩人版(笑顔を育てる経験だから)

地元の路上詩人によるメッセージ入り御城印。

松江城 御城印 路上詩人版(思ったときに動け)

地元の路上詩人によるメッセージ入り御城印。

松江城 御城印 国宝5周年限定版

松江城 御城印 路上詩人版(信じる心道を照らす)

地元の路上詩人によるメッセージ入り御城印。

松江城 御城印 路上詩人版(希望に向かって)

地元の路上詩人によるメッセージ入り御城印。

松江城 御城印 路上詩人版(想いは道を動かす)

地元の路上詩人によるメッセージ入り御城印。

出雲松江城 御城印

配布終了

紀州戦国屋の御城印を1000円以上購入すると希望すれば無料で貰えるプレゼント企画御城印。

千鳥城(松江城) 御城印 金箔版

にっぽん城祭り2022などのイベント会場で販売され、プレミアム御城印セット第二弾でのセット売り及びバラ売りで販売されている。

墨城印 松江城

墨城印セット 第3弾

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

村上海賊の娘(一) (新潮文庫)

瀬戸内海を席巻した村上海賊、その当主である村上武吉の娘「景(きょう)」を主人公とした小説です。織田軍との激戦である第一次木津川口の戦いが描かれます。
個性あふれる登場人物が魅力的で物語に没頭できました。合戦シーンの描写はドキドキハラハラの連続で大興奮して読めます、焙烙玉コワイ…。
能島城へ訪問する前に読んでおくと村上海賊を身近に感じることができ、攻城もよりいっそう楽しめると思います。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る