熊本城 御城印 令和4年 春限定 桜

ログインすると所有した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、10人の団員がこの御城印を所有しています。

御城印の情報

数量限定で販売された春の御城印。桜の印が追加されている。加藤清正公の座右の銘「履道応乾」も押印されている。

家紋について

歴代城主である加藤氏の家紋「蛇の目」と細川氏の家紋「九曜」がデザインされている。

名称 熊本城 御城印
バージョン名 令和4年 春限定 桜
価格 300円(税込)
販売開始日 2022年3月19日
販売元 熊本国際観光コンベンション協会
製作
スタイル 印刷
サイズ 縦15.5cm、横10.5cm
日付け記入 売り場で手書き

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


熊本県の御城印

熊本城の御城印

購入可能場所

熊本城 本丸お休み処

熊本県熊本市中央区本丸1

熊本城 二の丸お休み処(二の丸駐車場内)

熊本県熊本市中央区二の丸2

熊本城のほかの御城印

熊本城 御城印 戦国パーク2022コラボ版

販売終了

令和4年3月19・20日に熊本城二の丸広場、桜の馬場城彩苑にて開催された「戦国パーク2022 祝 熊本城天守閣復活 」で販売されたコラボ御城印。限定300枚。

熊本城 御城印 正月限定 寅

数量限定で元旦から販売された御城印。干支である寅と梅の印が追加されている。加藤清正公の座右の銘「履道応乾」も押印されている。

熊本城 御城印 天守閣復活記念版

販売終了

天守内部公開を記念して販売された特別版。限定版のため家紋の色は紫色で背景に熊本城の絵柄が入っている。限定3000枚。

熊本城 御城印 正月限定 牛(干支)

販売終了

元旦~3日頃までに販売された特別版で、左上に丑の印がある。

熊本城 御城印 秋限定 イチョウ

販売終了

11月中旬~開催の秋のくまもとお城まつり期間中に販売された特別版。手押しのため、絵柄(イチョウの葉の位置)は1枚ごとに異なる。

熊本城 御城印 秋限定 紅葉

販売終了

11月中旬~開催の秋のくまもとお城まつり期間中に販売された特別版。手押しのため、絵柄(もみじの葉の位置)は1枚ごとに異なる。

熊本城 御城印 春限定 桜

販売終了

3月中旬~開催の春のくまもとお城まつり期間中に販売された特別版。手押しのため、桜の花びらの位置は1枚ごとに異なる。

熊本城 御城印 正月限定 鼠(干支)

販売終了

元旦~3日頃までに販売された特別版で、左上に子の印がある。

熊本城 御城印 二の丸通常版

もともとは「通常版」として販売されていたが、天守閣の内部公開にあわせて「本丸通常版」が発売されたことに伴い「二の丸通常版」として販売。

熊本城 御城印 本丸通常版

背景に天守閣のイラストが入った御城印。加藤清正公の座右の銘「履道応乾」も押印されている。

熊本城 御城印 令和3年 秋限定

販売終了

秋の限定御城印。紅葉と銀杏がデザインされている。

熊本城 御城印 ドラゴンクエストウォークコラボ御城印 第1弾

販売終了

スマートフォンゲームアプリ「ドラゴンクエストウォーク」のキャンペーン「この城わが旅!日本100名城®キャンペーン」の期間限定で販売された御城印。

墨城印 熊本城 奇跡の一本石垣

墨城印セット 第9弾

墨城印 熊本城

墨城印セット 第3弾

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

眠れないほどおもしろい吾妻鏡: 北条氏が脚色した鎌倉幕府の「公式レポート」 (王様文庫 D 59-8)

鎌倉時代をおさらいしたくて手に取った本です。愚管抄を著した天台座主慈円が現代口調で語る鎌倉正史なのですが、そこは、慈円が語るのですから、北条中心の吾妻鏡の「変だなポイント」をちゃんとついています。そして4コママンガがついていたり、とてもわかり易く読み進められます。この本を読んだからというわけではないですが、鎌倉時代をおさらいして感じたのは、現代と当時の人のものの感じ方の違いです。どちらがいいとかじゃなくて、物事への優先順位の付け方が全く違うのです。うまく説明できないのですが…。みなさんはどう思われますか?

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る