聚楽第 御城印 豪華版【銀】 販売終了

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、48人の団員がこの御城印を所有しています。

最終入手日:2023年09月17日(参考情報)

御城印の情報

銀色の和紙に文字と家紋をシルク印刷した御城印。500枚限定。

家紋について

豊臣秀吉が関白就任後に用いたとされる「五七の桐」がデザインされている。

名称 聚楽第 御城印
バージョン名 豪華版【銀】
価格 1000円(税込)
販売期間 2022年12月4日(2023年11月14日まで)
販売元 攻城団合同会社
製作 デザイン:攻城団合同会社
スタイル 印刷
サイズ A6
日付け記入 空欄のまま販売

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


京都府の御城印

聚楽第の御城印

購入可能場所

ひとり1枚まで
この御城印はすでに販売終了となっています
以前は、京都市考古資料館で販売されていました。

聚楽第のほかの御城印

聚楽第 御城印 ご当地ぼんてん・まる版

攻城団のマスコットキャラクター「ぼんてん・まる」のご当地イラストが描かれている。

聚楽第 御城印 聚楽第×豊臣秀吉

配布終了

諏訪原寛幸氏による豊臣秀吉のイラスト入り御城印。京都御城印サミットの事前来場登録者に配布。

聚楽第 御城印 京都御城印サミット限定版

販売終了

聚楽第 御城印 金箔瓦

販売終了

京都市考古資料館の特別展示「THE 金箔瓦」にあわせて制作された御城印。聚楽第と伏見城を2枚並べると金箔瓦が完成するデザイン(金箔瓦の写真は公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所の提供)。500枚……

聚楽第 御城印 豪華版(金×緑)

販売終了

黒い和紙に箔押し(文字は金、家紋は緑)の豪華版御城印。120枚限定で販売。

聚楽第 御城印 豪華版【金潜紙】(金×青)

販売終了

金潜紙に箔押し(文字は金、家紋は青)の豪華版御城印。130枚限定で販売。

聚楽第 御城印 豪華版【金潜紙】(緑×ピンク)

販売終了

金潜紙に箔押し(文字は緑、家紋はピンク)の豪華版御城印。130枚限定で販売。

聚楽第 御城印 豪華版(金×ピンク)

販売終了

黒い和紙に箔押し(文字は金、家紋はピンクのホログラム)の豪華版御城印。100枚限定で販売。

聚楽第 御城印 豪華版(銀×銀)

販売終了

黒い和紙に箔押し(文字・家紋ともに銀)の豪華版御城印。100枚限定で販売。

聚楽第 御城印 豪華版(金×金)

販売終了

黒い和紙に箔押し(文字・家紋ともに金)の豪華版御城印。100枚限定で販売。

聚楽第 御城印 豪華版(金×赤)

販売終了

黒い和紙に箔押し(文字は金、家紋は赤)の豪華版御城印。100枚限定で販売。

聚楽第 御城印 限定版(若草色)

販売終了

若草色の和紙を使用した限定版。右肩には秀吉の造語とされる「聚楽」を意味する「長生不老の樂(うたまい)を聚(あつ)むるものなり」と記載されている。

聚楽第 御城印

越前和紙を使用しており、右肩には秀吉の造語とされる「聚楽」を意味する「長生不老の樂(うたまい)を聚(あつ)むるものなり」と記載されている。

墨城印 聚楽第

墨城印セット 第12弾

墨城印 聚楽第×豊臣秀吉

第12弾コンプリートセット特典

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント


12/06 08:54
山鳩さん

福井県小浜からの帰路、色々チャンスが重なり京都市内を経由したので入手できました。カウンターにはコラボチラシがどどんと並んでました。

コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る