墨城印 聚楽第×豊臣秀吉

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、18人の団員がこの御城印を所有しています。

最終入手日:2022年11月18日(参考情報)

御城印の情報

第12弾コンプリートセット特典

名称 墨城印 聚楽第×豊臣秀吉
シリーズ名 墨城印
価格 非売品
販売開始日 2021年4月24日
販売元 戦国魂
製作
スタイル 印刷
サイズ A6
日付け記入 空欄のまま販売

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


京都府の御城印

聚楽第の御城印

購入可能場所

この御城印は非売品です

聚楽第のほかの御城印

墨城印 聚楽第

販売終了

各日100枚限定

聚楽第 御城印 ご当地ぼんてん・まる版

攻城団のマスコットキャラクター「ぼんてん・まる」のご当地イラストが描かれている。

聚楽第 御城印 聚楽第×豊臣秀吉

配布終了

諏訪原寛幸氏による豊臣秀吉のイラスト入り御城印。京都御城印サミットの事前来場登録者に配布。

聚楽第 御城印 京都御城印サミット限定版

販売終了

聚楽第 御城印 金箔瓦

販売終了

京都市考古資料館の特別展示「THE 金箔瓦」にあわせて制作された御城印。聚楽第と伏見城を2枚並べると金箔瓦が完成するデザイン(金箔瓦の写真は公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所の提供)。500枚……

聚楽第 御城印 豪華版【銀】

販売終了

銀色の和紙に文字と家紋をシルク印刷した御城印。500枚限定。

聚楽第 御城印 豪華版(金×緑)

黒い和紙に箔押し(文字は金、家紋は緑)の豪華版御城印。120枚限定で販売。2023年3月に開催された京都御城印サミットで復刻販売。その後、2023年11月28日から京都市考古資料館で復刻販売。

聚楽第 御城印 豪華版【金潜紙】(金×青)

金潜紙に箔押し(文字は金、家紋は青)の豪華版御城印。130枚限定で販売。2023年3月に開催された京都御城印サミットで復刻販売。その後、2023年11月28日から京都市考古資料館で復刻販売。

聚楽第 御城印 豪華版【金潜紙】(緑×ピンク)

金潜紙に箔押し(文字は緑、家紋はピンク)の豪華版御城印。130枚限定で販売。2023年3月に開催された京都御城印サミットで復刻販売。その後、2023年11月28日から京都市考古資料館で復刻販売……

聚楽第 御城印 豪華版(金×ピンク)

黒い和紙に箔押し(文字は金、家紋はピンクのホログラム)の豪華版御城印。100枚限定で販売。2023年3月に開催された京都御城印サミットで復刻販売。その後、2023年11月28日から京都市考古資……

聚楽第 御城印 豪華版(銀×銀)

黒い和紙に箔押し(文字・家紋ともに銀)の豪華版御城印。100枚限定で販売。2023年3月に開催された京都御城印サミットで復刻販売。その後、2023年11月28日から京都市考古資料館で復刻販売。

聚楽第 御城印 豪華版(金×金)

黒い和紙に箔押し(文字・家紋ともに金)の豪華版御城印。100枚限定で販売。2023年3月に開催された京都御城印サミットで復刻販売。その後、2023年11月28日から京都市考古資料館で復刻販売。

聚楽第 御城印 豪華版(金×赤)

黒い和紙に箔押し(文字は金、家紋は赤)の豪華版御城印。100枚限定で販売。2023年3月に開催された京都御城印サミットで復刻販売。その後、2023年11月28日から京都市考古資料館で復刻販売。

聚楽第 御城印 限定版(若草色)

販売終了

若草色の和紙を使用した限定版。右肩には秀吉の造語とされる「聚楽」を意味する「長生不老の樂(うたまい)を聚(あつ)むるものなり」と記載されている。

聚楽第 御城印

越前和紙を使用しており、右肩には秀吉の造語とされる「聚楽」を意味する「長生不老の樂(うたまい)を聚(あつ)むるものなり」と記載されている。

墨城印 聚楽第

墨城印セット 第12弾

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

ナンバー2の日本史 (MdN新書)

ナンバー1になりたくてなれなかった人、あえてナンバー2を選んだ人、ナンバー1でありナンバー2でもある人…いろいろですが、何故かナンバー2の方が面白く感じてしまうのは私だけではないハズ。各時代の政治を廻していたのは多くはナンバー2だったことを考えれば、魅力ある人物が並ぶのは当然と言えば当然ですね。本当に大勢のナンバー2について書かれていて分厚いですが、本を読むのが若い頃に比べて格段に遅くなってきた私でもサクッと読めました。中でも朝倉宗滴(←スミマセン全く知りませんでした…)、とても興味深く読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る