春日山城 御城印

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、3人の団員がこの御城印を所有しています。

最終入手日:2022年09月18日(参考情報)

御城印の情報

名称 春日山城 御城印
価格 330円(税込)
販売開始日
販売元 ホテルサンルート彦根
製作
スタイル 印刷
サイズ 縦15cm、横10cm
日付け記入 日付欄なし

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


新潟県の御城印

春日山城の御城印

購入可能場所

ホテルサンルート彦根

滋賀県彦根市旭町9-14

御城印は売店コーナーで販売。

春日山城からの距離約271.66km

春日山城のほかの御城印

春日山城 御城印 令和6年 上杉謙信公生誕の日版

販売終了

「上杉謙信公御生誕日」と「生誕四九四年」を印字した特別版御城印に、馬上謙信公のスタンプを押印している。

春日山城 御城印 2023年 越後・謙信SAKEまつり版

販売終了

「越後・謙信SAKEまつり」の文字と、上杉謙信公が愛用していたといわれる馬上杯と徳利、紅葉をあしらった特別なスタンプを押印してある。

春日山城 御城印 2023年 謙信公祭特別版

販売終了

「謙信公祭」の文字と、謙信公像のスタンプが押印されてある。

高田城 御城印 2023年 謙信公祭特別版

販売終了

「謙信公祭」の文字と、謙信公像のスタンプが押印されてある。

春日山城 御城印 2023年 高田開府の日特別版

販売終了

高田開府と蓮の花のスタンプを押印してある。

春日山城 御城印 2023年 城の日特別版

販売終了

春日山と山桜をあしらったスタンプが押されている。

春日山城 御城印 上杉謙信公生誕の日版

販売終了

上杉謙信公御生誕日、生誕493年、馬上謙信のスタンプを押印した御城印。

春日山城 御城印 謙信公祭

販売終了

川中島合戦のエピソードのひとつ「三太刀七太刀」をイメージした、軍配と太刀のスタンプを押印した御城印。

春日山城 御城印 高田開府の日

販売終了

金字の御城印に「高田開府」の文字と城地をかたどったスタンプが押された特別版。

春日山城 御城印 上杉謙信公生誕の日版

販売終了

1月21日の上杉謙信公生誕の日を記念して販売された御城印。通常版とは異なり、城名が金字で記されているほか、スタンプが追加されている。右下には上杉謙信公像(上越市埋蔵文化財センター前)が押されている。

春日山城 御城印 馬上杯版

販売終了

2021年10月23日開催の「ミニ越後・謙信SAKEまつり2021」限定で販売された御城印。通常版とは異なり、城名が金字で記されているほか、上杉謙信が愛用したと言われる馬上杯、徳利、紅葉をあしらった特……

春日山城 御城印 高田開府記念特別バージョン

販売終了

上杉五城訪城記念御城印

上杉謙信にゆかりのあるお城がある5城「春日山城(新潟県上越市)・猿ヶ京城(群馬県みなかみ町)・沼田城(沼田市)・白井城(渋川市)・前橋城(前橋市)」 の御城印を集めるともらえる。

春日山城 御城印 城の日特別版

販売終了

金字の御城印にサクラのスタンプが押された特別版。

春日山城 御城印 謙信公祭版

限定版に謙信公祭の印が押されている。毎年8月におこなわれる謙信公祭にて販売予定。

春日山城 御城印 特別版

紙、デザインは通常版と同じだが、揮毫が金字となっている。上杉謙信の誕生日である1月21日など、特別な日に販売される。販売される際には記念日等にちなんだスタンプも用意される(押印は自由)。

春日山城 御城印 通常版

美濃和紙に印刷された御城印。

墨城印 春日山城×上杉謙信

第7弾コンプリートセット特典

墨城印 春日山城

墨城印セット 第7弾

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の終わりを告げた城―八王子城を探る (ロッコウブックス)

おそらく、八王子城の解説本の中で最も重要な一冊でしょう。
八王子城跡が現在のように整備されたのは、落城400年にあたる1990年以降のことです。本書の出版も同時期で、出版後に発見された遺構もあれば、今は目にすることのできない遺構も多数あります。言い換えると、1990年当時の八王子城跡の姿を記録した書であるとも言えます。八王子城に興味を持ってくださった方にはお薦めの一冊です。すでに廃刊となっていますので、古書店か図書館で探してください。
トンネル工事や台風・地震などにより、現在は失われてしまった石垣などの貴重な写真も多数掲載されていますが、白黒で小さいため分かり辛いのが残念。

赤ヱ門さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る