名護屋城 御城印

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、3人の団員がこの御城印を所有しています。

御城印の情報

名称 名護屋城 御城印
価格 330円(税込)
販売開始日
販売元 ホテルサンルート彦根
製作
スタイル 印刷
サイズ 縦15cm、横10cm
日付け記入 日付欄なし

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


佐賀県の御城印

名護屋城の御城印

購入可能場所

ホテルサンルート彦根

滋賀県彦根市旭町9-14

御城印は売店コーナーで販売。

名護屋城からの距離約617.57km

名護屋城のほかの御城印

名護屋城 御城印 戦国IXAコラボ版

200枚限定。

名護屋城 城郭符 黄金の茶室公開記念版

復元された豊臣秀吉ゆかりの「黄金の茶室」の一般公開を記念した限定御城印。嬉野市の書家、織田独灯(どくとう)氏が揮毫。

名護屋城 城郭符

嬉野市の書家、織田独灯(どくとう)氏が揮毫。

墨城印 名護屋城

墨城印セット 第6弾

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

武者たちの黄昏

僕が地方出版本に目覚めた本です。戦国越後の通史的な本です。事件の現場に著者が訪れて、事件の概要と著者が受けた印象を淡々と記されています。
この本がきっかけで新潟めぐりが始まり、果ては関東にまで赴くことになろうとは、当時の僕は知る由もなかった。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る