美濃金山城 御城印 Xmasバージョン

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、9人の団員がこの御城印を所有しています。

最終入手日:2022年05月05日(参考情報)

御城印の情報

和紙に金銀のラメが入っている。

家紋について

森氏の家紋「鶴の丸」がデザインされており、左上には織田氏の家紋「織田木瓜」も配置されている。

名称 美濃金山城 御城印
バージョン名 Xmasバージョン
価格 400円(税込)
販売開始日
販売元 濃州明智砦
製作
スタイル 印刷
サイズ はがき大
日付け記入 空欄のまま販売

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


岐阜県の御城印

美濃金山城の御城印

御城印の製作を希望される方はこちら(PRサービス付き)

購入可能場所

名鉄御嵩駅売店

岐阜県可児郡御嵩町中2302-2

美濃金山城からの距離約4.10km

美濃金山城のほかの御城印

美濃金山城 御城印 金版

城門の里帰りを記念して、金・銀台紙の御城印を発行。売上金の全額を「城門里帰り」の事業費用の一助としている。250枚限定。

美濃金山城 御城印 銀版

城門の里帰りを記念して、金・銀台紙の御城印を発行。売上金の全額を「城門里帰り」の事業費用の一助としている。250枚限定。

美濃金山城 登城記念御朱印 銀版

美濃金山城跡は2013年(平成25年)に国史跡に指定され、2023年(令和5年)で10周年を迎えた記念に、金・銀台紙の城印を発行した。500セット限定。

美濃金山城 登城記念御朱印 金版

美濃金山城跡は2013年(平成25年)に国史跡に指定され、2023年(令和5年)で10周年を迎えた記念に、金・銀台紙の城印を発行した。500セット限定。

烏峰城(美濃金山城) 御城印

兼山六斎市版の完売後、日付の記入のないものが通常版として販売。

美濃金山城 登城記念御朱印 山城に行こう!2022限定版

美濃金山城 御城印 山城に行こう2022 開催記念御城印

販売終了

可児市市制40周年記念御城印のロゴマークが左下に印刷されている。

烏峰城(美濃金山城) 御城印 兼山六斎市版

配布終了

兼山六斎市の来場記念として買い物客に配布された。限定200枚。

美濃金山城 登城記念御朱印 夏版(朝顔)らんまる君

販売終了

美濃金山城 登城記念御朱印 春版(桜)らんまる君

販売終了

美濃金山城 登城記念御朱印 秋版(もみじ)らんまる君

美濃金山城 登城記念御朱印 平成版

販売終了

美濃金山城 登城記念御朱印

通常版とは別に季節ごとの四季版がある。(四季版の販売は春3/1〜5/31、夏6/1〜8/31、秋9/1〜11/30、冬12/1〜2/28)

美濃金山城 登城記念御城印 秋版(もみじ)らんまる君

美濃金山城 御城印

以前は可児大河ドラマ館で販売されていた。ネット通販(濃州明智砦)で購入可能。

美濃金山城 登城記念御朱印 秋版(もみじ)

四季版のひとつ。9/1〜11/30の期間限定で販売される。

美濃金山城 登城記念御朱印 冬版(雪の結晶)

四季版のひとつ。12/1〜2/28の期間限定で販売される。

美濃金山城 登城記念御朱印 春版(桜)

四季版のひとつ。3/1〜5/31の期間限定で販売される。

美濃金山城 登城記念御朱印 夏版(朝顔)

四季版のひとつ。6/1〜8/31の期間限定で販売される。

美濃金山城 登城記念御朱印 令和五年春版(桜)らんまる君

らんまる君のイラスト入り。背景の桜もデザインと文字色も変更されている。

美濃金山城 御城印 烏峰城

家紋の色が青い。

美濃金山城 御城印 令和四年春版

ピンクの台紙に桜のデザインが施されている。

美濃金山城 登城記念御朱印 冬版 らんまる君

美濃金山城 御城印 令和四年春版

美濃金山城 御城印

中央の家紋が薄緑になっている。

墨城印 美濃金山城

墨城印セット 第8弾

美濃金山城 御城印 秋限定

販売終了

美濃金山城 御城印 春限定

販売終了

限定50枚

美濃金山城址 御城印 立春版

販売終了

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

「東国の城」の進化と歴史

これまでは枡形や横矢掛り、馬出といったパーツの機能は知っていても、縄張全体の意図を理解できていなかったのだと、この本を読んでよくわかった。
その城だけを取り出してもあまり意味はなく、特定の立地条件の中に置いたときに初めてその機能がわかる。近世の名古屋城のような城でも、立地とのかかわりが濃いことはブラタモリなどでも紹介されているが、戦国時代の城では築城者の戦略との密接な連関が必ずあり、それを読み取ることは私たちの理解を深め、攻城の楽しみを増してくれる。
関東の土の城に興味をお持ちの方には一読を薦めたい。

CLADさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る