一宮城 御城印 令和4年正月版 銀 販売終了

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、3人の団員がこの御城印を所有しています。

御城印の情報

城名が銀箔押しの正月限定版。13枚限定。

家紋について

阿波小笠原氏の家紋「松皮菱」がデザインされている。

名称 一宮城 御城印
バージョン名 令和4年正月版 銀
価格 300円(税込)
販売期間 2022年1月1日(1日限り)
販売元 一宮城跡保勝会
製作
スタイル 印刷
サイズ A6
日付け記入 印刷済み(令和4年正月)

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


徳島県の御城印

一宮城の御城印

購入可能場所

この御城印はすでに販売終了となっています
以前は、一宮城登城口の無人販売所で販売されていました。

一宮城のほかの御城印

一宮城 御城印 令和3年正月 黒文字版

文字は黒文字、別バージョンとして金箔押し版もあり。

一宮城 御城印 令和4年正月版 金

城名が金箔押しの正月限定版。数量限定。

一宮城 御城印 水色の冬季版

販売終了

一宮城 御城印 朱の秋季版

販売終了

一宮城 御城印 黄の春季版

地元の書家・児島尚山氏による揮毫。

一宮城 御城印 緑の夏季版

一宮城 御城印 阿波九城

阿波九城 第1弾

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

新幹線から見える日本の名城

東京駅から博多駅めで新幹線に乗って最初に見えてくる江戸城、そして最後に見える小倉城、そしてその間の車窓から見える名城の歴史、及び見どころを紹介しています。
気になるのはどちら側の窓から見えるかですが、江戸城から彦根城までは小田原城を除いて右側に見え、明石城は左、姫路城は右、岡山城は左、福山城は右、広島城は左となっており、それ以降は小倉城まで左側となっているようです。意外だったのは名古屋城、今まで左側に有るものと思っていましたので、名古屋駅近辺では一生懸命左側を見ていました(そりゃ見えないわ)。その他、見えそうで見えないお城として駿府城、大坂城、三原城が紹介されており、確かに新幹線から見たことがないな、と納得しました。と、言うことで、仕事や遊びで新幹線を利用する機会の多い方にオススメの一冊です。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る