米子市立山陰歴史館

米子市立山陰歴史館の情報

昭和5年に建てられたモダンな洋館を利用した歴史館。米子市の歴史と繁栄を知ることができる。
米子市役所の駐車場を利用可能(駐車券を山陰歴史館受付で見せると2時間無料に)。

名称 米子市立山陰歴史館
住所 鳥取県米子市中町20
営業時間 9:30~18:00
定休日 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は開館し翌日が閉館)、年末年始
公式サイト http://www.yonagobunka.net/rekishi/
営業時間や定休日などは変更になっている可能性があります。

データの間違いや補足を報告する

御城印

尾高城 古城札

通販では別価格

戸上城 古城札

通販では別価格

法勝寺城 古城札

通販では別価格

江美城 古城札

通販では別価格

打吹城 古城札

通販では別価格。米子まちなか観光案内所、トイズキッチンカフェ以外はセット販売

田内城 古城札

通販では別価格。米子まちなか観光案内所、トイズキッチンカフェ以外はセット販売

内膳丸 古城札

通販では別価格。米子まちなか観光案内所、米子市立山陰歴史館以外はセット販売

河岡城 古城札

通販では別価格

岩倉城 古城札

通販では別価格

飯山城 古城札

通販では別価格。米子まちなか観光案内所、米子市立山陰歴史館以外はセット販売

米子城 古城札

通販では別価格

情報がまちがっている場合はご連絡いただけると助かります

フィードバック

尾高城 古城札

通販では別価格

戸上城 古城札

通販では別価格

法勝寺城 古城札

通販では別価格

江美城 古城札

通販では別価格

打吹城 古城札

通販では別価格。米子まちなか観光案内所、トイズキッチンカフェ以外はセット販売

田内城 古城札

通販では別価格。米子まちなか観光案内所、トイズキッチンカフェ以外はセット販売

内膳丸 古城札

通販では別価格。米子まちなか観光案内所、米子市立山陰歴史館以外はセット販売

河岡城 古城札

通販では別価格

岩倉城 古城札

通販では別価格

飯山城 古城札

通販では別価格。米子まちなか観光案内所、米子市立山陰歴史館以外はセット販売

米子城 古城札

通販では別価格

コラボチラシ

情報がまちがっている場合はご連絡いただけると助かります

フィードバック

近くにあるお城

米子城 米子城    別名 久米城、湊山金城、湊山城

[鳥取県][伯耆] 鳥取県米子市西町

平均評価:★★★★☆ 3.71(37位) 見学時間:1時間5分(60位) 攻城人数:1284人(131位)
月山富田城 月山富田城    別名 富田城、月山城、富田月山城

[島根県][出雲] 島根県安来市広瀬町富田2188

平均評価:★★★★☆ 3.94(--位) 見学時間:1時間31分(--位) 攻城人数:1558人(101位)
松江城 松江城    別名 千鳥城

[島根県][出雲] 島根県松江市殿町1-5

平均評価:★★★★☆ 4.11(8位) 見学時間:1時間30分(19位) 攻城人数:3655人(13位)
津山城 津山城    別名 鶴山城

[岡山県][美作] 岡山県津山市山下

平均評価:★★★★☆ 3.90(19位) 見学時間:1時間25分(26位) 攻城人数:1975人(68位)
備中松山城 備中松山城    別名 高梁城

[岡山県][備中] 岡山県高梁市内山下1

平均評価:★★★★☆ 4.23(4位) 見学時間:1時間40分(11位) 攻城人数:2794人(31位)

周辺スポット

米子ニューアーバンホテル 米子ニューアーバンホテル
トイズキッチンカフェ トイズキッチンカフェ
ペントラ・マンマ ペントラ・マンマ
米子市教育委員会 米子市教育委員会

チラシは文化課カウンターにあります。

御菓子司 清月本店 御菓子司 清月本店

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

スポットについての補足情報があれば自由にコメントしてください。
誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る