岩櫃城 御城印 にんぱく御城印サミット出展記念版 販売終了 イベント限定

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、26人の団員がこの御城印を所有しています。

最終入手日:2024年04月06日(参考情報)

御城印の情報

群馬戦国御城印サミットで450枚、にんぱく・東吾妻町観光協会・平沢登山観光案内所で50枚販売

名称 岩櫃城 御城印
バージョン名 にんぱく御城印サミット出展記念版
価格 500円(税込)
販売期間 2023年5月3日(2023年5月4日まで)
販売元 東吾妻町観光協会
製作
スタイル 印刷
サイズ
日付け記入 空欄のまま販売

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


群馬県の御城印

岩櫃城の御城印

購入可能場所

この御城印はイベント限定での販売です
この御城印はすでに販売終了となっています
以前は、岩櫃山平沢登山口観光案内所岩櫃真田忍者ミュージアム東吾妻町観光協会ホテル1-2-3 前橋マーキュリーで販売されていました。

岩櫃城のほかの御城印

岩櫃城 御城印 青柳博文監督全国制覇 Y文字版

配布終了

東吾妻町すいせん祭り会場の特別ブースにて岩櫃城下・原町出身の健大高崎 青柳博文監督の栄誉を祝し、記念として作られた特別な御城印。300枚限定

岩櫃城 御城印 青柳博文監督全国制覇 V文字版

配布終了

東吾妻町すいせん祭り会場の特別ブースにて岩櫃城下・原町出身の健大高崎 青柳博文監督の栄誉を祝し、記念として作られた特別な御城印。300枚限定

岩櫃城 御城印 青柳博文監督全国制覇記念 H文字版

配布終了

東吾妻町すいせん祭り会場の特別ブースにて岩櫃城下・原町出身の健大高崎 青柳博文監督の栄誉を祝し、記念として作られた特別な御城印。300枚限定

岩櫃城 御城印 上毛新聞バージョン

岩櫃城 御城印 大坂の陣バージョン

大阪・お城フェス2023会場内、真田街道推進機構ブースにて販売された御城印。2000枚限定。

岩櫃城 御城印 G7群馬高崎デジタル技術大臣会合出展記念版

700枚限定。墨絵師の涌井陽一氏が絵を手がけ、真田氏の家紋「六文銭」や「G7」の文字などがデザインされている。

岩櫃城 御城印 お城EXPO2021版

お城EXPO 2021の会場内で販売。2021枚限定。

岩櫃城 金粒子出土記念御城印

岩櫃城本丸から出土したるつぼに金の粒子が発見されたことを記念して製作された特別版御城印。

岩櫃城 御城印 三好青海入道・三好伊左入道

三好青海入道、三好伊左入道が描かれている。7枚セットで2500円。

岩櫃城 御城印 根津甚八・由利鎌之介

根津甚八、由利鎌之介が描かれている。7枚セットで2500円。

岩櫃城 御城印 筧十蔵・穴山小助

筧十蔵、穴山小助が描かれている。7枚セットで2500円。

岩櫃城 御城印 望月六郎・海野六郎

望月六郎、海野六郎が描かれている。7枚セットで2500円。

岩櫃城 御城印 猿飛佐助

猿飛佐助が描かれている。7枚セットで2500円。

岩櫃城 御城印 霧隠才蔵

霧隠才蔵が描かれている。7枚セットで2500円。

岩櫃城 御城印 真田幸村

真田幸村が描かれている。7枚セットで2500円。

岩櫃城 御城印 国史跡指定記念版

岩櫃城跡が国指定史跡となったことを受けて、1000枚限定で販売された。

岩櫃城 御城印 旧デザイン

岩櫃城、密岩神社、金剛院の3枚セットで500円。

岩櫃城 御城印 岩櫃忍者ミュージアム開館記念「影」

岩櫃城 御城印 岩櫃忍者ミュージアム開館記念「光」

岩櫃城 御城印 お城EXPO限定版

販売終了

岩櫃城 御城印 真田庵修繕プロジェクト

真田昌幸公の屋敷跡 紀州九度山真田庵修繕プロジェクトとして販売された御城印。岩櫃城、上田城、沼田城の3枚セット

墨城印 岩櫃城

墨城印セット 第13弾

岩櫃城 御城印 旅行読売限定版第二弾

『旅行読売』2020年4月号の付録『御城印引換券』を東吾妻町観光協会に持っていくともらえた。(100枚限定版が終了した後に引換え開始)背景は通常版と似ているが書体が異なる。

岩櫃城 御城印 旅行読売限定版

『旅行読売』2020年4月号の付録『御城印引換券』を東吾妻町観光協会に持っていくともらえた。100枚限定。お城EXPO版とは左下の印「旅行読売」が異なる。

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

ナンバー2の日本史 (MdN新書)

ナンバー1になりたくてなれなかった人、あえてナンバー2を選んだ人、ナンバー1でありナンバー2でもある人…いろいろですが、何故かナンバー2の方が面白く感じてしまうのは私だけではないハズ。各時代の政治を廻していたのは多くはナンバー2だったことを考えれば、魅力ある人物が並ぶのは当然と言えば当然ですね。本当に大勢のナンバー2について書かれていて分厚いですが、本を読むのが若い頃に比べて格段に遅くなってきた私でもサクッと読めました。中でも朝倉宗滴(←スミマセン全く知りませんでした…)、とても興味深く読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る