足助氏七城 御城印

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、19人の団員がこの御城印を所有しています。

最終入手日:2023年09月29日(参考情報)

御城印の情報

鎌倉時代末期から南北朝にかけて、足助一族が支配し築城した「真弓山(足助)城」「大観音城」「城山城」「飯盛山城」「臼木ヶ峯城」「成瀬城」「黍生城」の七城の御城印と解説を蛇腹状に折り畳んでひと綴りとなっている。折り畳み時ははがき大。各御城印には書や家紋のほか、背景画に城の位置を示す略地図風イラストを添付しており、ペン画家の柄澤照文氏がイラストを担当された。一族の足助次郎重範が弓の名手だったことにちなみ、表紙と裏表紙には矢羽根柄をあしらっている。限定300冊

購入可能場所

足助城チケット売り場

愛知県豊田市足助町須沢39-2 城跡公園足助城

御城印は入館受付で販売。

足助城からの距離約0.00km

足助観光協会

愛知県豊田市足助町宮平34-1
営業時間:9:00〜17:00

足助城からの距離約1.29km
全国御城印コレクションに未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント


05/08 09:19
琴翔さん

足助城チケット売り場でも購入可能です。

コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 (日経文芸文庫)

嘉吉元年1441年、時の将軍足利義教が赤松一族に殺される、いわゆる、嘉吉の乱からはじまる物語です。
播磨、備前、美作の守護を領していた大大名が、何故時の将軍を討ったのか、結果、討ち滅ぼされてから、お家再興のため、悪党と呼ばれながらも時代の流れに抗う様が描かれております。
昔よくいったお祭り、奇祭さいれん坊主が赤松一族の霊を弔うものとは知りませんでした。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る