舞鶴城(柳川城) 御城印 別称舞鶴城春限定版

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、5人の団員がこの御城印を所有しています。

最終入手日:2023年10月15日(参考情報)

御城印の情報

名称 舞鶴城(柳川城) 御城印
バージョン名 別称舞鶴城春限定版
価格 500円(税込)
販売開始日 2023年3月17日
販売元
製作
スタイル 印刷
サイズ はがき大
日付け記入 空欄のまま販売

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


福岡県の御城印

柳川城の御城印

御城印の製作を希望される方はこちら(PRサービス付き)

購入可能場所

川の駅船小屋 恋ぼたる

福岡県筑後市尾島310
営業時間:9:00~19:00

柳川城からの距離約9.85km

柳川城のほかの御城印

柳川城 御城印 立花宗茂公 群馬戦国御城印サミット版

販売終了

50枚限定

柳川城 御城印 群馬戦国御城印サミット版

販売終了

50枚限定

舞鶴城(柳川城) 御城印 群馬戦国御城印サミット版

販売終了

50枚限定

柳川城 御城印 群馬戦国御城印サミット版

販売終了

50枚限定

柳川城 御城印 群馬戦国御城印サミット版

販売終了

50枚限定

柳川城 御城印 令和六年端午の節句版

江戸時代に藩士によって作られた「柳河明証図会」(立花家史料館所蔵)の中に描かれた在りし日の柳川城の絵に《中鍾馗左右燕鷺図》(狩野時信筆)の鍾馗を配した御城印。

柳川城 御城印

書道家・紅舟氏による揮毫。「立花宗茂と誾千代NHK大河ドラマ招致委員会」のロゴマーク入り。

柳川城 御城印 春限定版

柳川城 御城印 立花宗茂公春限定版

50枚限定

柳川城 御城印 令和六年桃の節句版

立花家二代・柳川藩初代藩主となる立花宗茂が、天正15年(1587)城主となり、関ケ原合戦の後改易され、元和6年(1620)に奇跡的な再封を果たした筑後柳川城の御城印の背景画は、江戸時代に藩士によって作……

柳川城 御城印 令和六年正月版

立花家二代・柳川藩初代藩主となる立花宗茂が、1587年(天正15年)城主となり、関ケ原合戦の後改易され、1620年(元和6年)に奇跡的な再封を果たした筑後柳川城の御城印の背景画は、江戸時代に藩士によっ……

柳川城 御城印 令和5年ナタラ版

立花家二代・柳川藩初代藩主となる立花宗茂が、1587年(天正15年)に城主となり、関ケ原合戦の後改易され、1620年(元和6年)に奇跡的な再封を果たした筑後柳川城の御城印の背景画は、江戸時代に藩士によ……

柳川城 御城印 令和五年冬限定版

冬の花、椿をデザインに取り入れた冬限定の御城印。

柳川城 御城印 城絵冬限定版

冬桜のイラストをデザインに取り入れた冬限定の御城印。

柳川城 御城印 令和五年秋限定版

柳川城 御城印 イラスト秋版

柳川城 御城印 令和五年夏限定版

柳川城 御城印 令和五年春限定版

柳川城 御城印 立花宗茂春限定版

柳川城 御城印 冬限定版

100枚限定

柳川城 御城印 立花宗茂冬版

100枚限定

柳川城 御城印 柳川城図通常版

柳川城 御城印 秋限定版

販売終了

柳川城 御城印 立花宗茂秋限定版

柳川城 御城印 令和4年春限定版

200枚限定

柳川城 御城印 令和4年立花宗茂公春限定版

100枚限定

墨城印 柳川城

墨城印セット第23弾

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

江戸城の全貌 ―世界的巨大城郭の秘密

小学2年生で城に魅せられて以来、城めぐりがライフワークという著者による「江戸城」の紹介。外郭まで含めた総面積約2,082haという日本最大の城を余すところなく解説。築城の歴史はもちろん、天守・御殿・石垣にそれぞれ1章を割き、実際に城を見るときのポイントを内郭と外郭に分けて詳しく紹介している。これから江戸城を見に行こうという人は、見るべきポイントを押さえることができるし、行ったことのある人はまた行きたくなるはず。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る