白河小峰城 三城巡りオリジナル御城印 配布終了

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、25人の団員がこの御城印を所有しています。

最終入手日:2022年08月09日(参考情報)

御城印の情報

ふくしま三城めぐりスタンプラリーの景品。スポット訪問の記念品として、前期・後期それぞれ先着2000名に無償配布。

名称 白河小峰城 三城巡りオリジナル御城印
シリーズ名 ふくしま三城めぐりスタンプラリー
価格 非売品
販売期間 2021年7月31日(2021年11月30日まで)
販売元 三城スタンプラリー事務局
製作
スタイル 印刷
サイズ 縦15cm、横10.5cm
日付け記入 空欄のまま販売

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


福島県の御城印

白河小峰城の御城印

購入可能場所

台紙にスタンプを押印し、引き替えに御城印を受け取る
この御城印はすでに配布終了となっています
以前は、白河市観光物産協会で販売されていました。

白河小峰城のほかの御城印

白河小峰城 御城印 お城EXPO2023限定版

販売終了

2023年12月16日、17日に開催されたお城EXPO2023のふくしま三城巡り内の二本松城ブースにて販売された御城印。特別版 お城EXPO in 姫路にて販売されていた御城印を合わせると一枚の絵にな……

白河小峰城 御城印 令和5年秋バージョン

小峰城・桑名城・忍城 御城印 三方領知替200年記念 限定御城印

1823年(文政6年)に起きた「三方領知替え」から200年になるのを記念して販売された御城印。行田市・桑名市・白河市で販売。

白河小峰城 御城印 令和5年夏バージョン

白河小峰城 御城印 令和5年春バージョン

白河小峰城 御城印 令和5年冬バージョン

白河小峰城 御城印 新春限定版

300枚限定

白河小峰城 御城印 お城EXPO限定

販売終了

白河小峰城 御城印 令和3年冬バージョン

豊穣を表す吉祥紋である雪輪が雪の中にたたずむ白河小峰城に降り注いでいる。500枚限定。

白河小峰城 御城印 ドラゴンクエストウォークコラボ御城印 第1弾

販売終了

スマートフォンゲームアプリ「ドラゴンクエストウォーク」のキャンペーン「この城わが旅!日本100名城®キャンペーン」の期間限定で販売された御城印。

白河小峰城 御城印 令和3年 春版

限定200枚でシリアルナンバー入りで販売された特別版。2枚1組。

白河小峰城 御城印 特別版 お城EXPO in 姫路限定版

販売終了

白河小峰城 御城印 ドラゴンクエストウォークコラボ御城印 第2弾

販売終了

スマートフォンゲームアプリ「ドラゴンクエストウォーク」のキャンペーン「この城わが旅!日本100名城®キャンペーン」の期間限定で販売された御城印。

三城達成之証 御城印

配布終了

ふくしま三城めぐりスタンプラリーの景品。すべてのスポットを訪問した人への記念品として無償配布。各城先着150枚。

墨城印 白河小峰城

墨城印セット 第9弾

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント


08/01 20:14
藤式部卿さん

白河だるまですね。

コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

教科書には書かれていない江戸時代

「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る