種里城 御城印

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、19人の団員がこの御城印を所有しています。

御城印の情報

「津軽藩発祥之地」の文字は14代・津軽義孝氏が揮毫。

家紋について

大浦光信の家紋「蔓花菱」と、津軽家の家紋「杏葉牡丹」がデザインされている。

名称 種里城 御城印
価格 300円(税込)
販売開始日 2019年7月13日
販売元 鰺ヶ沢町
製作
スタイル 印刷
サイズ 縦16cm、横10.8cm
日付け記入 日付は空欄のまま販売(10月8日のみ日付スタンプを押してもらえる)

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


青森県の御城印

種里城の御城印

購入可能場所

光信公の館

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町種里町大柳90

種里城からの距離約0.00km

鰺ヶ沢町中央公民館

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字本町209-2
営業時間:9:00~16:00
定休日:土日祝、冬期(11月〜翌年4月)

種里城からの距離約9.14km

種里城のほかの御城印

種里城 御城印 光信公入部530年版

2020年(令和2年)の光信公入部530年記念で販売された特別版。「津軽藩発祥之地」の文字は14代・津軽義孝氏が揮毫。

種里城 御城印 光信公命日版

販売終了

10月8日に日本海拠点館を会場におこなわれた光信公入部530年記念行事で販売された大浦光信の命日に因んだ特別版。「津軽藩発祥之地」の文字は14代・津軽義孝氏が揮毫。

種里城 御城印 光信公入部530年記念版

販売終了

10月7日に日本海拠点館を会場におこなわれた光信公入部530年記念行事で販売された特別版。「津軽藩発祥之地」の文字は14代・津軽義孝氏が揮毫。

種里城 御城印 発行記念

「津軽藩発祥之地」の文字は14代・津軽義孝氏が揮毫。

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント


05/25 20:20
しぇるふぁさん

購入場所によって受付可能な曜日が違うのでご注意ください。
・光信公の館 ⇒ 金土日のみ対応可(開館日・・・金土日、開館時間・・・9:00~17:00(5月1日~8月31日)、9:00~16:30(9月1日~10月31日))
・鰺ヶ沢町中央公民館 ⇒ 月~金のみ対応可(販売時間・・・9:00~16:00)

なお、八戸市史跡根城の広場公式Twitterによれば冬季期間の販売はないようです。
https://twitter.com/nejocastlesite/status/1397043311370653697

コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

城割の作法: 一国一城への道程

団長の紹介で図書館で借りて読みました。戦のない社会を目指す徳川幕府が目指す近世的城割と諸大名がこれまでやってきた中世的城割の違い、そして居城、端城、古城に対する徳川幕府の対応について勉強することが出来ました。徳川幕府が取り組んできた山城の破却、惣構えの城に付いては二ノ丸以下を全て破壊して更地させた小田原城の破却、大坂城の破却から福島正則の改易理由、島原・天草一揆前後の城割について古文書を交えて詳しく解説されています。一国一城令を詳しく知りたい人におすすめです。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る