青木菓子店

画像は準備中です(お持ちの方がいたら提供をお願いいたします)

青木菓子店の情報

名称 青木菓子店
住所 茨城県稲敷市江戸崎甲3125-1
営業時間 9:00~19:00
定休日 水曜日
公式サイト http://edosakimanju.jp/
営業時間や定休日などは変更になっている可能性があります。

データの間違いや補足を報告する

御城印

東條太田城 御城印 第10回イベント版

亀谷城 御城印 第10回イベント版(イラスト版)

亀谷城 御城印 第10回イベント版

信太古城 御城印 第10回イベント版

佐倉城 御城印 第10回イベント版

君山城 御城印 第10回イベント版

森戸城 御城印 第10回イベント版

君山二条城 御城印 第10回イベント版

竹内二条城 御城印 第10回イベント版

竹内城 御城印 第10回イベント版

伊佐津城 御城印 第10回イベント版

臼田城 御城印 第10回イベント版

羽賀城 御城印 第10回イベント版

岡の内城 御城印 第10回イベント版

浮島城 御城印 第10回イベント版

古谷城 御城印 第10回イベント版

古渡城 御城印 第10回イベント版(丹羽版)

古渡城 御城印 第10回イベント版(山岡版)

江戸崎城 御城印 第10回イベント版(丹羽版)

江戸崎城 御城印 第10回イベント版(青山版)

江戸崎城 御城印 第10回イベント版(蘆名版)

江戸崎城 御城印 第10回イベント版(土岐版)

阿波崎城 御城印 第10回イベント版

神宮寺城 御城印 第10回イベント版

情報がまちがっている場合はご連絡いただけると助かります

フィードバック

東條太田城 御城印 第10回イベント版

亀谷城 御城印 第10回イベント版(イラスト版)

亀谷城 御城印 第10回イベント版

信太古城 御城印 第10回イベント版

佐倉城 御城印 第10回イベント版

君山城 御城印 第10回イベント版

森戸城 御城印 第10回イベント版

君山二条城 御城印 第10回イベント版

竹内二条城 御城印 第10回イベント版

竹内城 御城印 第10回イベント版

伊佐津城 御城印 第10回イベント版

臼田城 御城印 第10回イベント版

羽賀城 御城印 第10回イベント版

岡の内城 御城印 第10回イベント版

浮島城 御城印 第10回イベント版

古谷城 御城印 第10回イベント版

古渡城 御城印 第10回イベント版(丹羽版)

古渡城 御城印 第10回イベント版(山岡版)

江戸崎城 御城印 第10回イベント版(丹羽版)

江戸崎城 御城印 第10回イベント版(青山版)

江戸崎城 御城印 第10回イベント版(蘆名版)

江戸崎城 御城印 第10回イベント版(土岐版)

阿波崎城 御城印 第10回イベント版

神宮寺城 御城印 第10回イベント版

近くにあるお城

土浦城 土浦城    別名 亀城

[茨城県][常陸] 茨城県土浦市中央1-13-48

平均評価:★★★☆☆ 3.19(99位) 見学時間:46分(102位) 攻城人数:1382人(120位)
本佐倉城 本佐倉城    別名 将門山城

[千葉県][下総] 千葉県印旛郡酒々井町本佐倉

平均評価:★★★★☆ 3.50(--位) 見学時間:1時間6分(--位) 攻城人数:1282人(132位)
佐倉城 佐倉城    別名 鹿島城

[千葉県][下総] 千葉県佐倉市役所

平均評価:★★★☆☆ 3.35(87位) 見学時間:1時間11分(49位) 攻城人数:2081人(66位)
逆井城 逆井城    別名 逆井古城、飯沼城

[茨城県][下総] 茨城県坂東市逆井1262

平均評価:★★★★☆ 3.70(--位) 見学時間:54分(--位) 攻城人数:546人(248位)
笠間城 笠間城    別名 桂城

[茨城県][常陸] 茨城県笠間市笠間3616

平均評価:★★★☆☆ 3.25(--位) 見学時間:1時間10分(--位) 攻城人数:1055人(156位)

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

スポットについての補足情報があれば自由にコメントしてください。
誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 (日経文芸文庫)

嘉吉元年1441年、時の将軍足利義教が赤松一族に殺される、いわゆる、嘉吉の乱からはじまる物語です。
播磨、備前、美作の守護を領していた大大名が、何故時の将軍を討ったのか、結果、討ち滅ぼされてから、お家再興のため、悪党と呼ばれながらも時代の流れに抗う様が描かれております。
昔よくいったお祭り、奇祭さいれん坊主が赤松一族の霊を弔うものとは知りませんでした。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る