小鷹利城 御城印 山中和紙版 販売終了 イベント限定

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、15人の団員がこの御城印を所有しています。

最終入手日:2023年12月24日(参考情報)

御城印の情報

姉小路氏城館跡が国史跡に指定されたことを記念し、2023年10月29日に山城シンポジウム「姉小路氏城館跡の実像に迫る」が開催。そのシンポジウムの会場で、参加者限定で数量限定で販売された御城印。飛騨市河合町特産の山中和紙が使用されている。御城印の他、山中和紙についてと小鷹利城についてのリーフレットが1枚ずつ同封されている。なお、売上金の一部は山城保全活動や山中和紙の伝承振興活動に使用される。

家紋について

三木氏(姉小路氏)の家紋である「丸に剣花菱」(下部左側)と金森氏の家紋である「表梅鉢」(上部右側)がデザインされている。

名称 小鷹利城 御城印
バージョン名 山中和紙版
価格 400円(税込)
販売期間 2023年10月29日(1日限り)
販売元 飛騨市観光協会
製作 デザイン:飛騨市観光協会
スタイル 印刷
サイズ 縦15cm、横10cm
日付け記入 日付欄なし

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


岐阜県の御城印

小鷹利城の御城印

購入可能場所

この御城印はイベント限定での販売です
この御城印はすでに販売終了となっています
以前は、飛騨市文化交流センターで販売されていました。

小鷹利城のほかの御城印

小鷹利城 御城印 にっぽん城まつり2024参城記念版

にっぽん城まつり2024にて販売。山中和紙を使用した御城印。

小鷹狩城 御城印 通常版

姉小路氏城館跡が国史跡に指定されたことを記念して発売された御城印。小鷹狩城についての解説が書かれたリーフレットが付属している。

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント

最初のコメントを投稿してみませんか。
コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦況図解 西南戦争 (サンエイ新書)

前回図解戊辰戦争を紹介するきっかけは、この本につなげる為でした。西南戦争はまったくと言っていいほど知らないことばかりなので、分かりやすく勉強になりました。熊本城籠城組が後から見るとすごい面子なのが驚きでした。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る