古川城 御城印 山中和紙版 販売終了 イベント限定

ログインすると入手した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、15人の団員がこの御城印を所有しています。

最終入手日:2023年12月24日(参考情報)

御城印の情報

姉小路氏城館跡が国史跡に指定されたことを記念し、2023年10月29日に山城シンポジウム「姉小路氏城館跡の実像に迫る」が開催。そのシンポジウムの会場で、参加者限定で数量限定で販売された御城印。飛騨市河合町特産の山中和紙が使用されている。御城印の他、山中和紙についてと古川城についてのリーフレットが1枚ずつ同封されている。なお、売上金の一部は山城保全活動や山中和紙の伝承振興活動に使用される。

家紋について

三木氏(姉小路氏)の家紋である「丸に剣花菱」(中央左側)と金森氏の家紋である「表梅鉢」(上部右側)と「裏梅鉢」(下部右側)がデザインされている。

名称 古川城 御城印
バージョン名 山中和紙版
価格 400円(税込)
販売期間 2023年10月29日(1日限り)
販売元 飛騨市観光協会
製作 デザイン:飛騨市観光協会
スタイル 印刷
サイズ 縦15cm、横10cm
日付け記入 日付欄なし

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


岐阜県の御城印

古川城の御城印

購入可能場所

この御城印はイベント限定での販売です
この御城印はすでに販売終了となっています
以前は、飛騨市文化交流センターで販売されていました。

古川城のほかの御城印

古川城 御城印 通常版

姉小路氏城館跡が国史跡に指定されたことを記念して発売された御城印。古川城についての解説が書かれたリーフレットが付属している。

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント


11/01 23:12
しぇるふぁさん

シンポジウムの開催チラシでは御城印を販売する告知がなく、前日に「飛騨市の文化財」のXアカウントから突然の販売告知がなされたため、完全にサプライズでの発売でした。御城印関係なく参加を計画していましたが、こんな幸運に恵まれたので来てよかったです。


11/01 23:21
しぇるふぁさん

山中和紙は、美濃和紙に比べて厚手の和紙で、手触りも画用紙を彷彿とさせるような硬めでザラっとした質感でした。チラシが同封されており、それによると500年前に姉小路氏の一族が京都にいる公家に送ったと記録が残っています。最盛期には200戸の職人達がいましたが、今では数戸しかおらず、市無形文化財に指定されている大変貴重な和紙です。

コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

名将 武田信玄

甲斐源氏 武田氏の成り立ちから勝頼公の最後までを信玄公の来歴を主に解説しています。又、信玄公の領国経営、外交戦略についても説明しています。有名な二十四将の説明も掲載しており、武田家を知るのに良い教材でした

ともさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る