躑躅ヶ崎館 御城印 信玄公御生誕五百年版

ログインすると所有した御城印を記録できます

所有してる団員

現在、59人の団員がこの御城印を所有しています。

御城印の情報

武田信玄の生誕500年を記念して武田神社で販売された御城印。

名称 躑躅ヶ崎館 御城印
バージョン名 信玄公御生誕五百年版
価格 500円(税込)
販売期間 2021年10月16日(2022年11月2日まで)
販売元 武田神社
製作
スタイル
サイズ A6
日付け記入

データの間違いや補足を報告する

対象のお城


山梨県の御城印

躑躅ヶ崎館の御城印

購入可能場所

武田神社 授与所

山梨県甲府市古府中町2611

躑躅ヶ崎館のほかの御城印

武田氏館跡(躑躅ヶ崎館) 御城印 信玄公生誕500年記念版(特別和紙版)

配布終了

有料(300円)の特別展示室の入館者に無料配布。信玄公生誕500年を記念した特別版御城印で、2021枚のうち最初の100枚のみ異なる特別な和紙を使用していた。和紙の厚み、白い繊維が入り、金色の質感……

武田氏館跡(躑躅ヶ崎館) 御城印 信玄公生誕500年記念版

配布終了

有料(300円)の特別展示室の入館者に無料配布。信玄公生誕500年を記念した特別版御城印で、2021枚限定。

武田氏館跡(躑躅ヶ崎館) 御城印 春の限定版

配布終了

武田氏館跡(躑躅ヶ崎館) 御城印 信玄ミュージアム開館2周年記念版

配布終了

信玄ミュージアム開館2周年記念版。開館1周年で頒布予定だったものが、緊急事態宣言による臨時閉館で2周年記念として頒布された。武田氏三代(信虎・信玄・勝頼)の復元した原寸サイズの朱印3種を押してある。

躑躅ヶ崎館 御城印 武田勝頼公限定版

有料(300円)の特別展示室の入館者に無料配布。初回の3月11日は武田勝頼の命日で以降、武田勝頼にまつわる記念日に配布される。通常の龍印に加え勝頼が使用した獅子印を追加されている。

躑躅ヶ崎館 御城印 武田信虎公限定版

有料(300円)の特別展示室の入館者に無料配布。初回は信虎公と大井夫人が躑躅が崎館に引っ越しした日を記念して発行された。以後、武田信虎にまつわる記念日に配布される。

躑躅ヶ崎館 御城印

有料(300円)の特別展示室の入館者に無料配布。

武田氏館跡(躑躅ヶ崎館) 御城印 信玄公生誕500年記念カウントダウン版

有料(300円)の特別展示室の入館者に無料配布。信玄公生誕500年の1年前カウントダウンを記念した特別版。1521枚限定で販売。

墨城印 躑躅ヶ崎館×武田信玄

第5弾コンプリートセット特典

墨城印 躑躅ヶ崎館

墨城印セット 第5弾

躑躅ヶ崎館 御城印

武田関連御城印セットの予約者限定プレゼント品。ネット通販(奥州王)で購入可能。

躑躅ヶ崎館 御城印 信玄公生誕500年記念版

武田信玄公生誕500年を記念して発行された限定御城印。各地のイベント会場で販売されている。信玄公生誕500年記念事業のロゴ入り(認可品)

ほかのデザイン(バージョン)の御城印が販売されていることがあります。もし未登録の御城印をお持ちの場合はご連絡ください。
未登録の御城印を申請する

みんなのコメント


11/03 22:46
DOMさん

信玄公生誕五百年の誕生日に合わせて参拝してきました。この日は追加印ないかなと少し期待しましたが残念ながら変わりはありませんでした。(御朱印は誕生日のみ追加印があるのです)

コメントを投稿するためにはログインが必要です。
コメントの投稿について

入手した自慢など自由にコメントしてください。画像の添付も可能です。
所有していなくてもコメントは可能ですので、所有者への質問や見つけた情報などを投稿してください。
ただし売買・交換についての投稿は禁止です。また誹謗中傷など個人や団体を傷つける内容など、不適切と判断した場合は削除いたします。
安全で有益な情報交換の場にしましょう。
(投稿いただいたコメントや写真は攻城団の利用規約に基づいて利用させていただくことがあります)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

アイヌ民族の歴史

アイヌ民族についてこれまで「シャクシャインの戦い」「地図で見るアイヌの歴史」を読んできましたが、もっと知りたいと思いこの著書を手に取りました。この著書にはアイヌと認識される前の北海道に付いても記載があり、北海道式古墳というものがあることを北海道に22年間住んでいたにもかかわらず初めて知りました。現在の歴史の教科書にも記載のあるシャクシャインの戦いに対して弘前藩も出兵をしており、アイヌ勢と直接戦うことはなかったが、その当時弘前藩内には津軽アイヌの方々が生活しており、彼らは出兵の手助けをしたり、更に兵として参加していたという記録があるそうです。明治以降は日本とロシアとの政治的駆け引きに翻弄されるアイヌ民族を目の当たりにすると共に、この日本も決して単一民族国家では無いことを再認識させられる一冊でした。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る